プレスリリース
2020.04.30

コロナ被害支援 インフルエンサーによるSNSプロモーションの無料提供を開始しました

FISM株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役CEO:銭本紀洋 代表取締役COO:白枝悠太、以下「FISM」)は、2020年4月30日から新型コロナウィルスによる影響を受けている食料品の事業者様向けに、FISMが運営するインフルエンサーマーケティングプラットフォームSPAD(スペード)を通じて、会員であるインフルエンサーによるSNSプロモーションを期間限定で無料提供いたします。



■本支援の背景
新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、全国に「緊急事態宣言」が発令され、外⾷産業に対する休業要請、休校による学校給食の停止、外出自粛や入国制限による観光客減少など、様々な納品先の経済活動がストップし、農産物、畜産物、水産物など食料品の事業者が在庫を抱え、大きな影響を受けています。各地方自治体やECサイトなど、食料品の事業者を支援する取り組みが次々と立ち上がっていますが、消費者に認知されておらず、廃棄されてしまう商品がまだまだ多くある状況です。

一方、フェイスブック・ジャパンによると、新型コロナウイルス感染症の影響で、これまで以上にFacebook・Instagramアプリの利用者数が増加しており、外出自粛が要請される中でSNSの利用時間はこれまで以上に増加しています。SNSを活用したインフルエンサーマーケティングを展開しているFISMにおいても、新型コロナウィルスによる被害を受けている事業者様の支援を出来ないかと考え、インフルエンサーによるSNSプロモーションを無料(※)で提供させていただくことといたしました。

※インフルエンサー向けの商品提供は事業者様で手配のうえ、送料はご負担ください。

■キャンペーン詳細



①インフルエンサーマーケティングプラットフォームSPADにて、SNS投稿で応援したいインフルエンサーを募集します。(募集定員5〜100名)​

②エントリーしたインフルエンサーの中からSNS投稿を実施するインフルエンサーを弊社で選定し、事業者様から商品をご提供いただきます。

③商品提供を受けたインフルエンサーが自身のSNSでプロモーションを行います。

【対象事業者】
食料品の生産・販売事業者様 (※)
※農産物・海産物・畜産物・加工品・飲料など食料品全般
ただし、新型コロナウィルスの影響で余剰在庫、廃棄予定在庫が生じている事業者様に限ります。

【期間】
2020年4月30日〜2020年5月31日

【お申込み方法】
下記URLの問い合わせページより、【コロナ支援申込】を選択のうえ、
必須項目を記入してご連絡ください。
https://fisminc.com/contact/

■SPADについて
SPADはFISMが開発・提供しているインフルエンサーマーケティングのプラットフォームです。
独自開発のAIにより、インフルエンサーの影響力を可視化し、より適切なインフルエンサーマーケティングの実現を支援しています。すでに10,000人以上のインフルエンサーにご登録いただいております。
サービスページ https://spad.ai/

■会社概要
会社名 FISM株式会社
設立 2015年4月10日
所在地 東京都渋谷区神泉町9-5フジタインゼックスビル6F
役員 代表取締役CEO 銭本紀洋 / 代表取締役COO 白枝悠太
取締役:大橋一樹 /清水亮佑 /佐々木翔平 /岩田真一
監査役:藤本賀彦 /松崎良太 /筱﨑 隆広
HP https://fisminc.com/