プレスリリース
2018.02.01

インフルエンサーマーケティングのFISM、元F1レーサー山本左近氏が社外取締役に就任


インフルエンサーマーケティングを手がけるFISM(本社:東京都港区、代表取締役CEO 銭本紀洋、代表取締役COO 白枝悠太)は、2018年1月30日(火)に開催した株主総会にて、山本 左近(やまもと さこん)氏の社外取締役就任を決議したことをお知らせします。

海外展開の更なる拡大を見据え、経営基盤を強化

FISMでは初の社外取締役として、元FIドライバーであり、現在は実業家としても活躍する山本左近氏を選任する運びとなりました。山本氏は国内外での活躍の経験と幅広い見識があり、これからFISMがより世界に向けてアプローチをしていく際の体制強化を図るためにもお力になっていただけると期待しています。世界で戦ってきた山本氏の大局観、探究心、実現性を企業マインドに積極的に取り入れ、サービスの向上、対象国の拡大を一層強化してまいります。
FISMでは、今後自社開発サービスにより力を入れ、透明性が高くアジアを包括して展開可能なインフルエンサーマーケティングの充実に取り組んでまいります。

社外取締役 山本 左近氏のコメント

これまでの経験を通じて、世界で戦うことの厳しさを感じながら、そのための姿勢やスピード感を学んできました。
これから日本だけでなく、アジアや世界で事業を展開していくFISMに社外取締役として経営参画し、同社の目指す新しいプラットフォームの構築に貢献したいと思います。

社外取締役 略歴
山本 左近(やまもと さこん)
1982.07.09  愛知県豊橋市生まれ 
幼少期に見たF1日本GPでのセナの走りに心を奪われ、将来F1パイロットになると誓う。両親に土下座して説得し1994年よりカートからレーシングキャリアをスタートさせる。2002年より単身渡欧。ドイツ、イギリス、スペインに拠点を構え、約10年間、世界中を転戦。2006年、当時日本人最年少 F1デビュー。2012年に日本に拠点を移し、医療法人/社会福祉法人の統括本部長として医療と福祉の向上に邁進する。2017年には理事に就任し、未来ヴィジョン「NEXT55 Vision 超幸齢社会をデザインする。」を掲げた。また学校法人さわらび学園を取得し専門学校教育事業を通じて未来の福祉人材を育成する。日本語、英語、スペイン語を話すマルチリンガル。

FISM株式会社 会社概要

所在地 〒107-0062 東京都港区南青山1-10-4 南青山NKビル7F・8F
設立 2015年4月10日
事業内容 インフルエンサーマーケティング、チャットコマースソリューション、インフルエンサーサポート
・インフルエンサーマーケティングプラットフォーム「FIXA( https://fixai.net )」の開発、運営
代表者 代表取締役CEO 銭本紀洋、代表取締役COO 白枝悠太
URL http://fisminc.com